データキラー 取扱概説

各部説明

各部説明
DM-140N

  1. インジケータ
    チャージ動作状況を表示します
    動作が正常なら約20秒(N・NT・DCの場合、PE・PCは約15秒)で98%〜101% が表示され、消去可能状態となります
    自動補充制御回路でいつでも消去可能になります
  2. カウンタ (正常回数の再確認)
    Actionランプ点灯回数を累積表示します
    カウンタ右下のスイッチを押すと、カウンタの指示がゼロクリアされます
  3. Actionランプ (赤)
    磁場測定回路より所要磁場の発生を感知すると約1秒間点灯します
  4. Readyランプ (緑)
    チャージが完了すると点灯します
  5. Setランプ (青)
    挿入部に消去対象の媒体を挿入するとセンサー感知により点灯します
  6. ブレーカスイッチ
    ブレーカスイッチを上に上げることで、電源が"ON"になります
  7. Startスイッチ (リモートコントロールユニット)
    スイッチを押すと瞬間パルス強磁場が発生し、データ消去が完了します
    リモートコントロールユニットは1.5m長のケーブルで接続されています

▲ このページのトップへ

消去手順

  1. ブレーカスイッチを"ON"にします。
  2. 電源投入後、インジケータの表示が98%以上でReadyランプが点灯します。
  3. 消去する媒体(ハードディスク等の磁気媒体)を挿入口に挿入すると、光センサー感知によりSetランプが点灯します。Setランプが点灯する事により、次の消去の実行が行えます。
  4. リモートコントロール・ユニットの Startスイッチを押すと、ハードディスクに記録されているデータは消去され、Actionランプが1秒間点灯すると同時に、カウンタが加算されます。
  5. 消去済み媒体を取り出します。
  6. Startスイッチを押した後、即時に次のチャージが開始。インジケータの表示が98%以上でReadyランプが点灯し次の消去が可能になります。

▲ このページのトップへ